ローマ数字インデックスが
印象的なクラシックウオッチ


1960年代に作られていた時計のデザインを踏襲した“ローマン サークル”。時分秒表示だけのシンプルな時計ですが、ローマ数字インデックスを効果的にレイアウトすることで文字盤中央のスペースをサークル状に際立たせ、視認性を高めているデザインが印象的です。

ユニセックスで使える小振りなサイズ



ケースは35mmと小振りです。40mmオーバーの時計のなかには手首に着けたときにラグがはみ出すモデルもありますが、ラグまでしっかり手首に納まるのでストレスなく着けることができます。無反射コーティングをしていないドーム形のプラスチック風防なので、状況によっては光を反射して若干見にくい場合があり、傷も付きやすいというのが留意点です。ただ、この風防の仕様も1960年代のスタイルをそのまま継承している特徴のひとつなので、ある程度割り切って楽しんでいただけるといいかと思います。編集部の計測でケースの厚さは約7mm(サイドの写真は同形のシルバーモデルです)。シャツの袖口にひっかからず、すっきり納まります。

ゴールド×ブラウンの色使いで個性をプラス





ゴールドプレートを施した針、ケースに色合いにトーンを合わせ、文字盤にプリントされたローマ数字インデックスやロゴには渋めのゴールドを採用。やや粗めのサンレイ(放射状の筋目)仕上げを施したチャコールグレー文字盤とのバランスの良さも魅力です。レトロなデザインにゴールドとブラウンの色合いが適度な個性を加えています。

編集部の総評
一見すると何の変哲もない3針時計ですが、“35mmのサイズ感”“ドーム形プラスチック風防のフォルムと質感”“ローマ数字インデックスを効果的に使ったレトロデザイン”と、レトロなベラルーシスタイルが随所に見られ、独特の味わいを醸し出しています。
プラスチック風防は傷が付きやすく、ケースや文字盤の作りも荒削りなのは事実ですが、それも含めてまるでデッドストックウオッチのような、レトロでチープな雰囲気を楽しむ時計です。


スペック
■素材:真鍮(ゴールドプレート)ケース、レザーストラップ
■サイズ:ケース径35mm
■防水性:日常生活防水
■ムーヴメント:クォーツ(日本製)
■生産国:ベラルーシ



Luch(ルーチ)
1953年に現在のベラルーシで時計製造会社として誕生。旧ソ連時代は時計以外に医療用の機器、人工衛星の部品、自動車用の時計などの精密機器を製造し、1991年にベラルーシが旧ソ連から独立した後は、ロシア圏で最大規模の自動車用時計メーカーとなり、自動車時計を作りながら、細々と腕時計の製造を続ける。2010年にスイスの高級時計ブランド、フランク・ミュラー社の傘下に入り、現在に至る。1960年代のデザイン、作りを現在も継承する独特のウオッチメイキングが特徴です。



※商品は輸入元からのお取り寄せ品です。発送までに最短で3営業日お時間をいただきます。輸入元に在庫が無い場合は、本国より取り寄せますので2週間以上お待ちいただく場合がございます。お急ぎの場合はご注文前に在庫状況をお問合せください。

Luch ローマン サークル

22,680円(税込)

コンテンツを見る