ドイツの軍用時計“タイプA”を
ベースにしたラコの新機軸


LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

ドイツ軍の公式サプライヤーとして軍用時計を納入してきた実績から、ドイツを代表するパイロットウオッチブランドとして知られている“ラコ”。
“アウクスブルクブラウシュトゥンデ”は、1940年にドイツ軍の空軍服務規程で制定されたタイプAと呼ばれるナビゲーションウオッチをベースに、現代的なアレンジをプラスした、ラコならではのトリビュートモデルです。

ベースになったタイプAの軍用時計は1940年〜41年にかけて製造されており、ドット付きの三角マークを頂点に1〜11までのアラビア数字、5刻みで読み取りやすくしたバーインデックスを合わせているのが特徴。まさに一切の装飾、無駄を省いた機能的なデザインといえます。

アウクスブルクブラウシュトゥンデ”では、オリジナルのタイプAから文字盤のデザインを継承しつつ、光を受けて表情を変えるサンレイ仕上げのブルー文字盤、ライトグレーのナイロンベルト、サンドブラスト加工を施したケースと、アレンジをプラスしているのが特徴。軍用時計の精悍さを継承しつつ、ブルーとシルバーを基調にしたデザインが、モダンな雰囲気を醸し出しています。


往年の軍用時計から
継承した機能的デザイン


LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

アウクスブルグは、1940年にドイツ軍の空軍服務規程で制定されたタイプAと呼ばれるナビゲーションウオッチのデザインを採用。ドット付きの△マーク、目盛りの内側に配置された12時間表示など、見やすさを突き詰めた機能的なデザインを継承しつつ、オリジナルの黒文字盤とは異なるブルーのサンレイ文字盤にアレンジすることで程よいトレンド感をプラスしています。


好みに合わせて選べる
2つのケースサイズ


LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

ケースのサイズは39mmと42mmの2サイズを展開。39mmはラグを入れても手首の内側に納まるサイズ感なので着け心地も良好。42mmは程よく存在感を主張してくれるのがポイントです。

LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

いずれも、軍用時計がルーツなのでややケースは12mmとやや厚めですが、重厚なフォルムも魅力的です。


ベースムーヴメントは
MIYOTA製のCal.821Aを採用


LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

ムーヴメントは日本製の自動巻きムーヴメントを搭載。裏ブタはシースルーバックなので、引き通しのナイロンベルトを取り外すことで、搭載するムーヴメントを鑑賞することができます。


スペック

■素材:ステンレススチール(サンドブラスト加工)ケース、ライトグレーナイロンストラップ
■サイズ:ケース径39mmと42mmの2サイズ展開、厚さ12mm
■ベルト幅:アウクスブルク39(18mm)、アウクスブルク42(20mm)
■防水性:5気圧防水
■ムーヴメント:自動巻き(Cal.Miyota 821A/MIYOTA社製)
■搭載機能:3針、ルミナス加工(インデックス、針)
■製造国:ドイツ

LACO アウクスブルク ブラウシュトゥンデ

59,400円(税込)

39mm
42mm
ケース径
購入数

ケース径
39mm
42mm

コンテンツを見る