ハンドメイドの作り込みとメイドインジャパンの品質にこだわるレザークラフトブランド、KUGIRI(クギリ)のロールウオッチケースです。
 クギリは、レザークラフト職人である藤本純一氏が2012年に創業した、新鋭のレザーブランド。藤本氏が一つひとつ、手作業で皮の裁断から手がけており、丁寧な作り込みが細部まで徹底されています。



ほかにはないゴムバンド式収納口


KUGIRI(クギリ)ロールウオッチケース


 注目して欲しいのが、試行錯誤の末に生み出した、ゴムバンド式の収納口です。一般的なロールウオッチケースでは袋状に仕上げた収納スペースに時計を収める簡易的な作りを採用していますが、その場合はストッパーの要素がないため落下の危険性が高くなります。
 それに対してこのゴムバンド式の収納口の場合、中央にゴムバンドを設置することでしっかりと時計をホールド。さらに言うならば、上下に収納スペースを設けて時計全体を収める設計を採用しているのも、ホールド感の強化と時計同士の接触を回避する役割を果たしています。



上質な素材と職人気質の丁寧な作り


KUGIRI(クギリ)ロールウオッチケース


KUGIRI(クギリ)ロールウオッチケース


 表の素材は柔らかく触り心地の良い牛革、内装にはスエードを組み合わせて採用し、使用することで適度に革伸びし、使い込むほどにフィット感を高めていきます。安価なレザープロダクトの場合、コバを切り出したままの状態で使うことがありますが、クギリでは塗装を施して美観と強度を高めています。負荷がかかるゴムバンド部分はステッチを重ねて強度を高めているのもポイントです。


KUGIRI(クギリ)ロールウオッチケース


KUGIRI(クギリ)ロールウオッチケース


収納数は最大で3本。コンパクトなサイズ感なので、ちょっとした旅行や出張にも便利です。


スペック
■素材:牛革(表素材)×スエード(裏地素材)
■サイズ:縦140mm×横330mm
■重さ:約95g
■製造国:日本


KUGIRI(クギリ)
KUGIRI(クギリ)藤本純一氏

クギリは藤本純一氏が2012年に創設したレザークラフトブランド。デザイン学校を卒業した後、繊維会社で2年間勤務をした後、独学で鞄作りを開始。その後、足立区の工房で 下積み工程を教わり“アトリエフォルマーレ”で熟練職人から技術をさらに深く学ぶ 。2012年にクギリを創設後、ハンドメイドにこだわり、少々生産で高品質なレザープロダクトを製作している。

KUGIRI ロールウオッチケース(ブラウン)

16,200円(税込)

コンテンツを見る