KARL-LEIMON(カル・レイモン)
ムーンフェイズにこだわる 国産時計ブランドの新生

 

 

 “KARL-LEIMON(カル・レイモン)”は2人の時計好きの若者がクラシックウオッチへの憧れからスタートした新進気鋭の時計ブランド。“リーズナブルな価格で、飽きずに長く着けたいと思えるクラシックな腕時計”を目指して国内クラウドファンディングで資金を集め、総額1200万円近くの支援金額を集めて時計の製造を実現した異色のバックグラウンドをもちます。

 

 そんな“KARL-LEIMON(カル・レイモン)”の最大の特徴といえるのが、古典的な時計の機構として知られているムーンフェイズにこだわったクラシックウオッチを展開している点。

 

 

 機能自体は決して珍しいものではありませんが、機械式時計の伝統機構のため、クォーツウオッチで探すと選択肢は意外なほど少なくなります。たとえあったとしても安価なものは質感がチープであったり、逆に見栄えの良いものは高価なモデルだったりと、このカル・レイモンのように、質感の良いクラシックなムーンフェイズで、なおかつリーズナブルな時計は意外と見つからないことが多いと思います。

 

 また、小振りなサイズながら適度な重さもあり、着用感に優れるというのも魅力。装着時に時計が軽すぎると、人によってはチープ感を感じるものだが、カル・レイモンでは一般的なプラスチックではなく、メタルリングを使いムーヴメントをケースにしっかり固定。安定感を高めると同時に適度な重量感で高級な雰囲気を作り出している。

 

 

カル・レイモンの魅力-其の1
最適な文字盤プロポーション

 

 緻密な計算のもとでカレンダー機構を配置した文字盤は、多機能でも見やすく、バランスも良好。最も見やすく、美しい文字盤とインダイアルを追求し、トライ&エラーを繰り返して黄金バランスのプロポーションが出来上がったのですが、完成までに200万円以上の費用がかかったといいます。配置のバランスはもちろんですが、砲弾型のアップライトインデックスを採用するなど、パーツの美観にも強いこだわりが光ります。

 

 

 

カル・レイモンの魅力-其の2
立体的な質感を持つベゼルとケース

 

低価格のファッションウオッチでは、コストを削減するためにベゼルとケースを一体化させたチープな作りのケースを採用したものも珍しくありません。しかし、カル・レイモンではあくまでクラシックな腕時計のスタイルにこだわり、ベゼルとケースをそれぞれ別体で製作し、日本国内の工場で熟練の職人により組み立てを行っています。

 

 

 

カル・レイモンの魅力-其の3
着用時に高級感を感じさせる適度な重量感

 

やや長めに設計されたラグがクラシックな印象を醸し出します。時計が極端に軽いと、おもちゃのようなチープ感を感じさせる原因となることもありますが、カル・レイモンではケースバック側にメタルリングを入れることでムーヴメントをケースにしっかり固定。安定感を高めると同時に適度な重量感で高級な雰囲気を作り出しています。

 

 

 

BRAND CONCEPT

 

 “KARL?LEIMON(カル・レイモン)は2人の時計好きの若者 のクラシックウオッチへの憧れからスタートした新進気鋭の時計ブランド。 “リーズナブルな価格で、飽きずに長く着けたいと思えるクラシックな腕時計”を目指して国内クラウドファンディングで資金を集め、総額1200万円近くの支援金額を集めて時計の製造を実現した異色のバックグラウンドを持つ創業者2 人は学生の頃から好きな時計について議論を重ね、時計の製作に当たって市場調査を実施。クラシックな腕時計はどんな時代でも流行に流されない、という結論から、現在の古典的な意匠にたどり着いた。 最大の特徴といえるのが、ムーンフェイズにこだわったクラシックウオ ッチを展開している点。緻密な計算のもとでカレンダー機構を配置した文字盤は、多機能でも見やすく、バランスも良好。砲弾型のアップライトインデックスを採用するなど、美観にも強いこだわりが光る。

 

 

  • 送料無料
  • ギフトラッピング

コンテンツを見る

コンテンツを見る